×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。




次に、貴方の使用しているウェポンを確認してみましょう。



Bウェポン&カスタマイズキット



現在、ベンダーも増え、様々な性能の武器が店頭に並んでいると思います。

また、キャッシークでのクエスト品なども多々あります。

ですが、ここではあくまでも市販の品でいかに戦うかを考えてみましょう。














上の画像は、私が現在愛用している物のひとつです。

まず、良い武器という物は、私的には「悪い点が目立たない武器」だと考えています。

ダメージ値が大きくても速度が遅すぎたり、スペシャルアタックコスト(SAC)が大きい物も選択の対象外と考えます。

そして、PvPでメインに使う武器は「衝撃」の物を選んでいます。

全ての相手に於いて確実に衝撃が有効とは限りませんが、殆どの者がエネルギー対策(PSG)を装備している事が理由です。

どれだけ強力なエネルギー武器であっても、緩和されてしまっては台無しなのが理解できる事と思います。





続いて、上で挙げている武器の項目に「パワーアップ」とあるのが見えると思いますが、この武器にはカスタマイズを施しています。

内容を見る限り、元はSACが74+17=91だったと確認が出来、精度修正は17だった物です。

それでは、実際にカスタマイズキットがどんな物か、数点挙げてみる事にします。

画像はレンジの物になりますが、メレーにも同様の物が存在しています。


























これらのカスタマイズキットをどう選ぶかについては、使用者のキャラクターで異なります。

私の場合、Pis/CM/SMGという構成の支援型に分類される為、まずSACは低くして速度と精度や威力は殆ど変えていません。

もしも、これがチーム内のダメージソース的存在であれば、MAXダメージ値や速度を強化する選択肢も考えられます。










これは、あくまで私の考え方ですが、多くの武器はカスタマイズ使用を前提に選ぶようにしています。

カスタマイズする事によって武器は劣化し易くなりますが、プレイヤーの上達には欠かせない物だと思っています。

また、このカスタマイズ以外にもスライスによって強化する事も忘れてはなりません。










それから、貴方がウェポンスミスではなくとも、自身が愛用している武器を作成する為の材料を知っておいて損はありません。

資金に余裕がない場合、自分で調達が可能な材料を持ってオーダーしてみるのも良い事です。

そして、さらに「これがあれば、もっと良い物を作れる」などの話をウェポンスミスと出来るなら、それを入手してみては如何か。

最後に、TKMは下手に武器を持つよりも、素手の方が強力であるという事も試してみて欲しいと思います。










特にレンジの方が対象ですが「自分はピストラーだから、武器はピストルしか持ってない」という方が居られます。

これは、実に良くない事で、メインウェポンが近距離の物であれば、サブでライフルなどを持っていくべきです。

両軍が対峙した際、いきなり自分の射程まで突っ込んだなら、すぐに集中される的になる可能性が大きくなります。

スキルはなくとも、敵と味方双方の空気を読み、遠距離から状態異常でも打ち込んでいたほうが効果的ではないでしょうか。

命中率が低いのは当然ですから、そこは精度修正向上のカスタマイズを施すなりして工夫してみましょう。

但し、サブウェポン使用時の防御は低下している事を忘れず、攻撃を受ける距離になったら持ち替えるべきです。