×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



[OBAQ]

MadVenus / Pai / Atlantis

VS

[IMP]

Butamaru / hige / UKIN


















リーグを進めていく中、両チームとも得点トップに並んでいた状態での戦いが開始された。






















前回は惜しくも敗れたIMPチーム、王者OBAQの牙城を崩すべく奮戦する。



GCWではお馴染み、UKIN中佐のドロイドも攻撃を繰り出す。











































一進一退の攻防が展開されるが、まだどちらも様子を伺っている空気が漂っている。

上級者独特の駆け引きを感じさせる、私でさえもそれを感じられるような緊迫感がある。













































ターゲットの統一が乱れていない為、こうしたノックダウン時には一気にダメージが叩き込まれてしまう。



全試合において、やはりAtlantis大佐のライトセーバーは強力だと云える。






















集中攻撃を受けていたhige氏が持ちこたえ、フリーになっていたButamaru大佐によりIMPが攻勢に転じる。

こうした連携は恐らく示し合わせたものではなく、日々の実戦などで培われたものであろう。



そしてこの後、会場がざわめくような流れに急変するのであった。























一瞬の出来事であったが、そこには確かにAtlantis大佐が倒れている。























更に勢いが増し、一斉にMadVenus大佐へ攻撃が降り掛かる。



並の戦士であれば、この怒濤の攻撃で沈んでいる。

だが、このHeal能力により、一筋縄ではいかなかったようだ。





















だが人数が減った事により、その負担がアクションやマインドにジワジワと反映されてゆく。






















この状況で防戦一方になれば、更に不利となる。

こうした状況下にあっても、攻撃の手を緩めずにMadVenus氏を援護していくPai選手。



この後、また少し流れの変わる事が起こる。


























なんと、この集中攻撃の最中にありながら、仲間の蘇生に成功していたのだ。



但し、GCWと異なり、死亡して蘇生した場合にはDUEL状態が解除されてしまう為、惜しくもAtlantis氏は戦線離脱する事に。

今回、この部分はCBAルールの記述で念を押していなかった為に起こったものだと認識し、次回に繋げていきます。























蘇生により大量のMINDを消費し、更なるピンチの続くOBAQ。

























遂に力尽きた姿が横たわる。



この後、最後の砦であるPai氏が孤軍奮闘するものの、3人の前に倒されてしまった。