×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



〔WF〕



RyCooder

Rei

Junchoone

Rover

Junkichi

Iblis

Alphard





決して好成績で勝ち上がってきてはいないが、予選最終節では4位の出場枠を巡り、前回の覇者IMPとの決戦に勝利を収めた。












恐らく、全出場選手の中で最も小柄なRyCooder氏だが、逆境にあっても士気を落とさない闘いぶりは会場を度々沸かせた。

彼が「小さな巨人」という異名となれば、同じく逆転劇を繰り広げたRei氏は必然的に「ドカベン」となってしまう。












第3節、素晴らしい活躍で勝利に貢献したスカッドリーダーのRover氏。

彼は倒れても、その意志は残り2名の力となり敵を撃破したのだ。












3vs2の状況で、会場の誰もがIMPの勝利を脳裏に浮かべたに違いなかった。

だが、Rover氏のBuffによって威力を増したRei氏のLSは、その太刀筋でSezamyan氏を捕らえていた。












2vs2の同数だが、勢いはWFに在った。

こうして、2試合連続の逆転勝利を収めたWFが決勝トーナメントに進出となる。